万引き防止に抑止力あるセキュリティゲートとは?メーカー、価格、機能分析

2021/06/04

万引き防止に抑止力あるセキュリティゲートとは?

ショッピングモールでよく学生が万引きして,警察官が来ていたのを目撃した事があり,最近ではマイバックを持って歩く主婦や高齢者も
多いので、万引きする人の年齢がばらつき統一されていなくなって来ています。
万引きGメンも警備員も店員も「この人、万引きしそう」「万引きするかもしれない」と言った予測も困難に近い状態と言えます。
そこで今回は、万引き防止が出来るセキュリテイゲートについて紹介して行きたいと思います。

万引き防止に抑止力あるセキュリティゲートメーカー

タカヤ

TS-A1/TS-A2
アルミフレームを採用した、堅牢かつ精細なデザイン
さらなる安定感を追及した、次世代スタンダードモデル

• 「日本の小売業界向けに特化」した、優れたデザイン性と、高い感知性能
• 世界各国で幅広く採用されているRF(電波)方式を採用、安心してご使用いただけます
• 万引き防止タグを付けたまま商品を、防犯ゲートが検知すると、LEDランプ(赤)が点灯、ブザーが鳴ります
• タカヤ独自のノイズ除去技術(スタビリティテクノロジー)と赤外線センサーの併用により、突発的な外来ノイズによる誤動作を極限までカット
• TS-A1 送信機と受信機の2本で機能する分離タイプ。検知距離:通路幅:1.6~2.4m
• TS-A2 1本で送信と受信をおこなうトランシーバータイプ。お店のレイアウトや間口に合わせて1本から設置が可能です。最大検知距離:片側1.6m
• 検知距離は使用するタグにより異なります

アルパネット近畿センター

自主防犯機器に加え、万引き防止用防犯ゲートも取り扱っております。
防犯ゲートは一般に「万引き防止対策」として主に店舗などで使用する防犯機器の一つです。
また、通常の万引き防止対策で使用する他にも、「セキュリティゲート」として、介護施設等で高齢者の徘徊を防ぐ役割をもつ使用方法など、機能性に優れた商品提案もいたします。
防犯ゲートは現代では万引き防止以外のフィールドでも活躍できる防犯機器の一つとして生まれ変わっています。
製品も、今までの防犯ゲートは店舗や施設の外観を損なうとして、敬遠されていた方も多くいらっしゃったと思いますが、弊社で取り扱う防犯ゲートはオーソドックスな防犯ゲートから、スタイリッシュなデザインの防犯ゲート等、デザイン性も考慮し、様々な店舗、施設で設置できる防犯ゲートを取り扱っております。他にも、防犯ゲートのオプションとして、イベント等で活躍する来客・来店カウントシステムも取り扱っております。店舗の効率化や売上向上に繋がるシステムですので、セール期間等に便利です

TS-X1
セキュリティゲートのベストセラーモデル
スリムさが際立つ、シルバーとフラットブラックのデュオトーンの外観に、 高性能かつイージーな調整機能を盛込みました。
最大検知距離が2mの高性能(タグによって異なります)。
最新の高性能デジタル回路により、ノイズの多い環境でも誤動作を極限まで抑制します。

TS-3000

売り場の声をカタチにしたセキュリティゲートのベストセラーモデルです。

最大検知距離2.2mの高機能。
加えて、前面にわたり透明アクリルパネルを使用したデザインは、圧倒的な透明感とスリムさがポイント。どのようなショップエントランスにも、絶妙のマッチングで応えます。また、アクリルパネルに、オプションでショップのロゴを入れ、さらなるイメージアップも可能です。

X-stage エクステージ

店舗のレイアウト、間口の広さに応じて1本から複数本まで自由に設置可能の幅広い設置場所で活躍するセキュリティゲートです。
4cmタグで片側最大1m、コイルタグで片側最大1.6mの検知力をほこります。メインフレームはシャープでソリッド感あふれるアルミ押出し材を使用。キズの付きにくい表面クリア仕上げで、長期にわたって美しさを保ちます。フレーム両サイドには、軟質樹脂のプロテクションモールを装着。人や物がぶつかった際の衝撃を緩和します。

万引き防止に抑止力あるセキュリティゲート価格

防犯ゲートは最近では楽天ショップやAmazonで中古で安く購入が可能ですが、メンテナンスやサービス等が付いておらず、「購入してみたらジャンク品だった」と言った失敗談が多く聞かれています。
各メーカーからの購入やレンタルをおススメします。
防犯ゲートは1本からのレンタルや購入が可能です。
アルパネット近畿センターではセールや初売り期間中等のレンタル等を行っており,1日5000円~と安く利用する事が出来ます。

万引き防止に抑止力あるセキュリティゲート機能

比較的高価格の商品に防犯タグを装着して、店内から商品をもち出せないようにすることもできます。センサータグを装着している商品は、入り口の防犯ゲートをくぐると音がなる仕組みになっています。複数の種類がありますので、自社の商品特性などを考慮して選択しましょう。

センサータグに関しては、3種類あります。

ラベルタグ 軽量で簡単に取り付けられるタイプですが、外されやすい製品でもあります。価格は比較的低価格になります。
ハードパウチタイプ 会計時に専用解除器を使い解除しないと商品と離せないタイプです。比較的高額な洋服などの商品にピンで差し込むタイプです。価格は比較的高価格になります。
インクタグ 無理に外すとインクが商品に付着するタイプで、解除には専用解除器が必要になります。また、インクタグに警告カード(インクタグの威力の説明)を付ければ、さらに効果が高まります。防犯ゲートが不要なタイプになりますので、費用が安く済みます。

「センサータグ」と「防犯ゲート」を利用する事で、万引き防止対策になります。

防犯ゲートの効果

専用タグの付いた未会計商品を持ったまま防犯ゲートを通って店内から出ようとすると、センサーが反応し音と光を出すことで警告します。この機能で万引きを実際に発見するだけではなく、設置された防犯ゲートの視覚効果で万引きを未然に防ぐ効果もあります。
・防犯ゲートの種類
防犯ゲートには、電波式・磁器式・音響磁気式・自鳴式のおもに4種があります。また、犯罪抑止効果だけを狙ったダミーの防犯ゲートもあります。
・防犯ゲートの設置ポイント(電源処理)
防犯ゲートの設置時には、確実に動作するように電源処理に配慮しなければなりません。一般的なコンセントで電源をとるだけだと万引き犯にコンセントを抜かれてしまう可能性があります。電源箇所を壁に埋め込む、あるいは鍵を用いなければコンセントを抜くことができないガードプレートを設けるなどの電源対策も必ず行いましょう。

万引き防止に抑止力あるセキュリティゲートメリットとは?

防犯ゲートは、監視カメラやセキュリティ機器と同じように、防犯システムの一部として組み込むことが可能です。
ゲートを通るとシステムが作動するように設定し、監視カメラの方向をゲートに向けたり、録画を開始したりできます。ゲートを通ったことを検知し、防犯ベルやブザー、フラッシュライトの点灯等を作動させ、機械警備に組み込む使用方法もあります。
万引き対策と同時に様々な使い方が選べます。

万引き防止に抑止力あるセキュリティゲート用途・設置場所

万引きをさせないシステム、徹底した対策の一つに万引き防止防犯ゲートに加え、監視カメラ、セキュリティ機器が用いられます。
軽犯罪と見られ、出来心での犯行も多い万引きですので、トータルで計算した時に被害額はかなりの高額に膨れ上がっていると思います。万引き対策をお客様に印象付けることも、重要なポイントです。

防犯ゲートを通過したときに、監視カメラと連動し記録を開始します。
死角を無くし、万一持ち出しても防犯ゲートで検知、カメラとレコーダーで証拠を記録しているため、常習犯にも手が出せないシステムを造ります。