省人化可能なチケッティング入退場ゲート管理システムの価格・メーカーは?

2021/05/19

チケッティング入退場ゲート管理システムとは

近年は働き方改革により、生産性向上や労働時間の短縮が重視されています。その背景で人手不足は深刻化し、社会では様々な問題が浮かび上がって来ています。人手・人材不足によ働き手の質低下に伴ったネットでの様々な炎上騒ぎ。日本国内で減少する労働人口を補う外国人雇用の拡大。そしてそれによるコミュニケーション不足でのトラブルや労働に対する国ごとの意識の違いやギャップ等があります。
そういった問題を解決するべく開発したのが、

チケッティング入退場ゲート管理システム価格

チケット式入場ゲート、販売機は一括購入の場合だと,100万円以上はかかってしまうのは当然です。
しかし一括での支払いは企業側は大きな負担になってしまいます。そのため、リース、レンタル、ビジネスクレジット、クレジットカード、現金と多彩な購入、導入方法を考えているメーカーが多く、リースなら60~72回払い、レンタルは毎月定期金額をお支払い頂き解約のタイミングは自由、ビジネスクレジットやクレジットカードなら支払回数はお客様の任意で選べます。

チケッティング入退場ゲート管理システムメーカー

・NEC

「NECマグナス入退場管理システム」のゲート機、精算機がさらにレベルアップ!ゲート機はフルモデルチェンジ、精算機は 操作部に15インチタッチパネル方式を採用。。上位ホストとの接続、LAN対応もサポート。容易に拡張もできますので、入退場管理から施設予約までトータルなシステムをご提供いたします。
豊富な機器バリエーションの中から、お客様のニーズにあった機器を提供いたします。NECマグナスの券売機なら一万円札にも対応。さらにプリペイドカードとの併用もOK !
大きな施設から小さな施設まで、規模に合わせて施設運用のお手伝いをいたします。「入場券は持ち帰ってもらいたい」というお客様には紙製磁気カードやバーコードチケットをお奨めします。もちろんゲート機にも対応しています。「いろいろな券があって券売機では…」というお客様には窓口発券機をお奨めします。簡単なタッチパネル操作で600券種以上の発券がOK ! 券売機と併用いただければ更に効率UP !
導入実績が豊富な「NECマグナス入退場管理システム」だから蓄積されたノウハウを活かせます。
現金の管理、利用者の流れ、入場券の管理、売上集計等、経験豊かなNECマグナスの技術陣がお客様の問題を分析し、解決まで全面的にサポートします。

・クマヒラ

イベント市場におけるチケッティング業務は、規模や興行主によってフレキシブルな対応が求められます。そのため、コスト・処理能力・確実性といったさまざまな観点から非効率とされながらも、人に頼らざるを得ませんでした。

認証OK・NGを視覚的に伝えるフラップやICカード・チケットをかざす位置が分かりやすい大型の認証部により、係員の補助を必要とせず利用者が直感的に入場方法を理解できるため、チケッティング業務の自動化・省力化が実現できます。
軽量かつ車輪が付いた可搬型の設計で入場レーンの一時設置や増減にもフレキシブルに対応できる、イベント会場での運用に最適な製品です。

チケッティング入退場ゲートどんな認証装置を利用可能か?

チケット式の入場ゲートの場合、そのチケットが身分証明、又は認証となります。
多くのチケットにはバーコドやQRコードが明記されています。
バーコードカードやICカード、ICリストバンド、レシート印字のQRコード等、様々な媒体を利用した認証で入退場ゲートシステムの構築が可能です。

チケッティング入退場ゲート特徴・機能・仕組み

・券売機+簡易ゲートシステムは、ゲートが移動可能で設置工事不要。場所を選ばずゲートシステムを導入する事が可能で、期間限定の様々なイベントやフェス、施設等に対応する事ができます。 使用期間が限定されている場合、常設タイプのゲートシステムだと設備投資に合わない場合、スペースが狭く従来のゲートシステムだと設置できない場合、また入退場をスムーズにしたい場合等にぴったりのゲートシステムです。イベント運営会社様や施設、会場の管理会社様にお勧めです。

・券売機+トライポット式ゲートシステムは、ゲートが回転バー式になっています。人の動きに合わせてアームバーが回転する為、安全性が高くお子様からお年寄りまで安心して使用できるゲートです。一人ずつしか通行できないので、不正入場を防ぐ事ができます。また回転は一方向のみですので、一方通行させたい場合も有効です。屋内外で使用可能で様々な需要に適応します。カードリーダーを装備しており、券売機を使用したQRコードでのチケット入場が可能です。

・券売機+フラッパー式ゲートシステムは、ゲートが電気で開閉するフラッパー(羽扉)式になっています。ゲートシステムの中で最も使用実績がある信頼性と、オプションが様々存在する拡張性の高さが特長です。火災報知機との連動や不正入場を防ぐ警報を装備している等、セキュリティ面も安心です。 こちらもカードリーダーを装備しており、券売機を使用したQRコードでのチケット入場に対応しています。

ゲートシステムのメリットは?

◦ 人手・人材不足の解消
◦ 施設内を最少人数で運営・運用可能
◦ 部外者をシャットアウトしセキュリティを向上
デメリットとしては、設備の初期投資費用の1点が挙げられます。但しゲートシステムは投資費用はかかるものの、長い目で見ればメリット化する事が多いです。入退場の整理を機械に任せる事でミスやトラブルが減り、従業員の負担減少にも繋がります。また人件費削減が実現できるうえ、最少人数で効率的な運営ができます。さらにデータが蓄積される為、今後の運用改善に役立てる事ができます。ゲートシステムは運営でお困りのお客様を最大限サポート致します。

チケッティング入退場ゲート管理システム利用シーン

・温泉施設

宮城県亘理郡にある温泉様に券売機+トライポット式ゲートを導入させて頂きました。温泉施設への入退場の簡略化と、お客様の利便性向上・従業員様の業務効率化の2点を基軸にご提案し、この度の導入に至りました
今回の券売機は液晶タッチパネル式です。温泉利用者様の誰もが簡単に使えるよう、分かりやすく使いやすい画面デザインにし、券購入から入場までスムーズに誘導できるよう配慮しています。券売機から発券される入場券にはQRコードが印字されており、そのQRコードをゲートシステムの認証部分に読み込ませる事で入退場ができる仕組みになっています。

・イベント会場

チケットなどに印刷されたQRコードをゲートにかざす事で、参加者や関係者以外の不正入場を抑制。スタッフがバーコードリーダーで読み取るよりも迅速に入場チェックが行えます。
来場者(入場者)の統計データも取得でき、後からデータ分析にも活用できます。
組み立てて置くだけ、設置工事が不要なADC-800は、学会や大会、シンポジウムやイベント会場などでの警備や入場チェックにも最適です。