ウォークスルー顔認証システムで社員証の紛失・盗難によるなりすまし入場などを防止

2021/07/08

オフィスで導入が増えてるウォークスルー顔認証システムとは

ここ数年で、指紋認証などの生体認証技術を使ったセキュリティーシステムを目にする機会が増えてきています。その中でも、顔認証は登録、認証する際の手軽さなど、セキュリティー対策に対応しやすいといった点などで はウォークスルー顔認証システムがおススメになっています。
今回は、このウォークスルー顔認証システムについて紹介して行きたいと思います。

ウォークスルー顔認証システムの機能

ウォークスルー顔認証システムの機能は,企業の入退室の場合社員証をかざさずに歩きながらの認証が可能なため、1分間で最大20人の入退場管理を行うことができ混雑緩和に寄与します。
また、社員証の紛失・盗難によるなりすまし入場などを防止することも可能で、利便性とセキュリティを両立します。さらに、非接触かつマスクを着用したまま本人確認を行うことができ、従業員の新型コロナウイルス感染症などの感染リスクを低減するなど安全・安心な働く環境の構築に貢献します。

パナソニックでもウォークスルー顔認証システムを開発し、設置した企業からはオフィスにおける高いセキュリティと経費削減の両立出来る事でICカードを取り出す手間がなく、ウォークスルーでセキュリティゲートを通るだけで認識出来て良いと言う口コミが出ています。
来訪者の顔写真を3ステップで簡単登録後、即時利用が可能です。カード紛失や盗難リスクがなくなり、再発行の手間も不要です。
パナソニックの機器だとこのような良い所があります。

• 事前品質チェックアルゴリズムを搭載し、顔認証に最適な画像登録を選択することで、スムーズな入退室を実現。社員の方、来訪者の方ともにストレスフリーな安心のオフィス空間を構築。
• 管理者による一括登録も可能で、大規模なオフィスビルにも導入可能。展示会や研修旅行をはじめMICE※や、今後本格的な開業が見込まれる大型IR(統合型リゾート)においても有効です。
• 認証と同時に名刺情報を登録して、入室中の人の一覧を顔写真で確認することも可能。会議の場で“名前が分からない”を解消します。

ウォークスルー顔認証システムを導入したケース

最近では、新顔認証システムを導入する事例も出て来ています
従来の顔認証エンジンは、マスクやサングラスの着用により顔の一部が隠れることや、明るさなどの認証環境によって認証精度にばらつきが出るなどの課題がありました。このような課題を解決するため、これまでのアルゴリズムにディープラーニング(深層学習)の手法を加え、目元やこめかみ、おでこ、鼻筋などマスクやサングラスを着用しても隠れない部分の本人特徴をより正確に捉えることで、厳しい認証環境における認証精度を従来比で10倍以上向上させました。本エンジンは、2019年度より参画したギャンブル依存症患者検知の市場実験において、マスク着用者が多数いる状況においても正確に認証したことから有効性を実証しています。

顔認証システムでのカメラは,撮影した顔の特徴を捉え、事前に登録した情報をもとに認証するシステムです。
従来の顔認証システムは、カメラに顔を向けて認証する必要がありましたが、ウォークスルー型顔認証では、カメラを意識せずに顔の向きを気にしなくても
カメラが自動的に顔を読み取り記録してくれる機能があります。
そして1人1人の顔を認証するのでは無く、3人以上の人の顔を一気に認識してくれます。認証スピードは多くの機器では0、3秒と言う早さと言われています。

・アミューズメントパークで導入事例

来園者の利便性向上と、従業員の時間と労力を有効活用。
遊園地のアトラクション利用時や再入園時の“顔パス” を実現。登録も簡単で、来園者の安心で便利な園内体験をサポートします。

ウォークスルー導入効果

• チケットの種類別オペレーションを考慮した、顔登録→認証→入園→乗車→退園の一連の流れをスムーズに行える設計。年間200万人を超える入場者数の大型運用に対応。
• 従来のビジネスモデルからの転換により、従業員の働き方改革を実現し、効率化による売り上げ拡大に貢献。
• アトラクションの入退場記録を分析して、今後の企画運営に活用。お客様のさらなる満足度向上につなげることが可能です。

ウォークスルー導入実績

• 2018年7月から富士急ハイランド様にて、入退園ゲートおよび、全39のアトラクションの乗車ゲートに顔認証システムを導入。
イベント会場で
入場時の混雑を解消し、安全・安心で快適なイベント運営を支援。
混雑が予想される入場口やカンファレンス聴講受付をスムーズに。顔認証による本人確認ができるため、コンサートやスポーツ観戦、イベントなどでのなりすましやチケットの高額転売防止に寄与します。

ウォークスルー導入効果

• 顔登録は10秒未満、顔認証は1秒未満というスピーディーな本人確認で入場時の混雑を解消。
• 家電で培った直感的な操作により、初めての方でも迷わずストレスなくご利用いただけます。

ウォークスルー導入実績

• 株式会社コングレ様が、2019年11月に開催されたスポーツビジネスジャパン2019で、顔認証システムによる入退場管理を実施。
• デンマーク・スーペルリーガの名門サッカークラブ「ブレンビーIF」のスタジアムにおいて、入退場管理とフーリガン対策を目的にパナソニックの顔認証システムを導入。

Webアプリで
開発者向けに、安心・安全な高精度顔認証を提供。
顔写真の正誤は、マッチングアプリの信頼性を左右します。アプリ上に表示された顔写真が本当にやりとりしている本人なのかというユーザーの不安を、パナソニックの顔認証で解消できます。

ウォークスルー導入効果

• ディープラーニングを活用した世界最高水準の顔認証技術により、本人確認を強化。なりすましや同一人物による複数アカウント作成を防止します。
• ネットワーク経由で顔認証Web-APIを呼び出すだけで、高精度な顔認証を短時間で簡易に、かつ安全に導入できます。
導入実績:
• 株式会社マッチングエージェント様が運営するマッチングアプリ「タップル誕生」において、パナソニックの顔認証APIサービスが採用。