2021/07/12

セキュリティゲート メーカー別価格比較

セキュリティゲートを選ぶとき一番優先にしたい所はどこでしょうか?私は「使いやすさ」「安いもの」を選んでしまうと思います。
しかしそれは正しいことなのでしょうか?
「価格が安い」「機能がいい」「設置が簡単な物」「工事が簡単」等選ぶ時はこの4つを考えてしまう人は私以外にもいると思います。
そこで今回はセキュリティゲートのメーカーと商品を紹介します。

株式会社クマヒラ

・ライトゲート

本体形状がフラットで、光沢のあるステンレスヘアライン仕上げの外観は、スマートで上質感にあふれ、多くの意匠に調和します。
2011年グッドデザイン賞受賞製品です。
ゲート長1,100mmというショートスタイルにより、十分な設置スペースの確保が難しい場所でもセキュリティ環境を構築します。下部補助センサー(オプション)とウレタン製フラップを選択することにより、検知性能を高めるとともに、衝突した際の衝撃を吸収し、子どもでも安全に通行できます。

・スターンゲート

乗り越えの困難なハイフラップと、設置場所を選ばないシンプルなボディを一体化させました。滑らかなフラップモーションが心地よい通行を可能にします。厚さ12mmの強化ガラス製フラップと、強力なモーターによる高い保持力により、強固なセキュリティーを実現。厳正な通行制御が求められる様々なシーンでご利用いただけます。強化ガラスとステンレスで構成されたデザインが空間に美しいセキュリティラインを生み出し、滑らかなフラップの開閉動作は心地よい通行を実現します。
2012年グッドデザイン賞受賞製品です。

フラップには厚さ12mmの強化ガラスを採用しました。閉扉時はフラップを強く押しても簡単には開かないセキュリティを優先した設計です。

★クマヒラの機器は人気がありシンプルなデザインなので、どこに設置しても馴染むような感じがする物ばかりです。
価格は1レーンで150万~180万円となっております。

株式会社ナブコ

・スピードレーン・ライフライン・シリーズ

「スライド」、「スイング」、「オープン」の3モデルをラインナップし、各モデルの設置や配列、および各種ドアウィングを自由に組み合わせることができ、 高いセキュリティレベルが必要な場所や、バリアフリー対応が必要な場所など様々なシチュエーションでご使用いただけます。

★ナブコは自動ドアの製造をしているメーカーでもあります。セキュリテイゲートの製造にも力を入れています。その中でお勧めな製品が、スピードレーン•ライフラインスライドです。特徴は、人間工学に基づいたエレガントなデザインでスペースの効率化を極めたコンパクトな設計です。イルミネーションで通行者を誘導してくれて、通行者にも解りやすいと高評価されている製品でもあります。又、夜間誰も通らない状態でも、スリープ機能により省エネにも貢献しています。飛び越え検知機能も付いており、ワイドサイズはバリアフリーモードも付いており車いすの通行が可能です。カラーがイエロー、ブルー、レッドからも選ぶ事が出来ます。
仕様はスタンダードタイプとワイドタイプがあり、スタンダードタイプは通路幅は510mmに対しワイドタイプは910mmと広いです。本体の長さはスタンダードとワイドも同じで1440mmで高さは1035mmです。1分間に25~30名の通行が可能です。価格はカラーやオプションなどにより異なり、190万~200万と言われています。

株式会社ロックシステム

・セキュリティゲートの最大の目的である、「確実な1人・1認証・1通行」を実現する為の究極のセキュリティゲートが、インターロックゲートです。
片側が開くと、もう片方は開かない、自動ドア(インターロック制御)と、そのドアの間の空間は、様々なセンサーによって、「1人しか通れない空間」(2人以上で入ると、入った側のドアは閉まりません)となります。ここでは、ユニット式のインターロックゲートを紹介します。

★株式会社ロックシステムのセキュリテイゲートは

「確実な1人、1認証、1通行」を実現する為に究極のセキュリテイゲートを開発しています。主にマンション等の玄関等のセキュリテイーに力を入れています。そんなロックシステムのセキュリテイーがゲート、それがインターロックゲートと言う製品です。セキュリテイゲートの最大の目的でもある「確実な1人、1認証、1通行」を実現する究極なセキュリテイゲートと言っても良いかもしれません。片側が開くともう片方の自動ドアが開かないようになっており、そのドアのドアとの間の空間は1人しか通れない空間となっています。
2人以上入ると入った側のドアが閉まらなくなってしまうと言うシステムになっており、ドアの空間内には人の人数を感知するセンサーが付いていると言われています。高レベルのセキュリテイエリア向けな製品でもあります。
特徴は、円形の親しみやすい形のデザインのドアを採用し最小スペースでも設置が可能な設計です。又、非接触型ICカード、生体認証、テンキーシステム等の様々なシステムとの連動と組み込みが可能となっています。通行速度は毎分5~6人の通行が可能です。
仕様は円形なデザインで主にホワイトが主流です。高さは2400mmで幅と奥行きが1020mmです。価格は工事費も込みとなると200万~250万となってしまう場合があります。

株式会社高見沢サイバネティックス

・TAG-10000シリーズ

オフィスビルのエントランスはもちろん、工場や研究所の入場門などのハードなロケーションにおいても、高いセキュリティー確保が求められています。
TAG-10000シリーズは、エレガントなスタイルの中に優れた耐候性能を兼ね備え、エントランスのセキュリティアップを実現出来る機器です。
入場専用、出場専用、入出場両用、幅広通路の通路構成が選べます。
複数通路を構成する場合、センター機の両側に扉が付いていますので、筐体の数を最小限に減らすことができ、限られた設置スペースを有効に活用できます。
幅広通路は900mm幅を確保していますので、車椅子の方や台車で荷物を運ぶ方も通行することができます。

・TAG-8000シリーズ

「TAG-8000シリーズ」は非接触ICカード対応のフラッパー式セキュリティゲートです。当社標準製品である「TAG-5000シリーズ」をベースに小型化とコストダウンを図り、従来は設置を諦めていたような狭いオフィスビルにおいても導入の可能性が広がります。
従来機同様、 上位の管理システムに接続することにより、総合的な入出場管理システムとして運用することもできます。

★高見沢の機器の価格はシンプルでエレガントなデザインが多いです。
価格に関しては1レーン150万円以上しますが、もし設置を考えている場合安く見積もりをたててくれます。
レンタルも可能なメーカーなので一度問い合わせてみることをおススメします。