イベント市場。コンサート会場用のセキュリティーゲート機の種類と導入時の理念

2020/09/09

イベント市場、コンサート会場用のゲート機を導入する時の理念とは?

理念というのは、物事に対して「こうあるべきだ」といった考えのことです。わかりやすい例えで言えば、ビジネスで企業・経営について「自分の会社ではこのような気持ちで運営していきます」といった価値観を表明することだと言えます。ゲート機を導入することにも1つ1つ理念があり、イベント市場であるコンサート会場用のゲート機を導入する際、どのような理念を持つことが大事なのかというと、やはり犯罪抑止力だと言えるでしょう。
コンサート会場には、数時間だったとしても大人数が一斉に通行し、手荷物などのチェックをされていきます。通常であればコンサートスタッフが会場の入口に立ち、まずはチケットチェック、次に手荷物検査、そして会場への誘導などいくつかの段階を踏まなくてはいけません。これらを全て人手に任せると、非常に時間がかかりスムーズな運営が行えない可能性も高いです。

そこで、コンサート会場用のゲート機を犯罪抑止力として導入した場合、入場時にはQRコードが記載されたチケットをゲート機にかざして承認された人だけが入れる、もしくはプラスして顔認証や身分証明証も同時にチェックできるようなゲート機が存在しています。最近では、コンサートチケットの転売は非常に大きな問題となっており、セキュリティ面での向上が重要なポイントになっています。ゲート機の導入は、転売されたチケットを持ってきたとしても入場ができないような仕組みを生み出すことになり、犯罪を抑止できます。

チケットを購入した時の利用者の手間は増える可能性がありますが、それでも不正にチケットを手に入れてコンサートを見るよりも、きちんと正規のルートで手に入れたコンサートを見る方がずっと気持ちが楽ですし、安心感があります。事前に身分証や自分の顔の画像を登録しておき、コンサート会場でも同様に認証してもらうことで、スタッフが行う本人確認作業を凍り付かさせることができます。

コンサート会場用のゲート機を導入する時のもう1つの理念として、いかにコンサート会場にスムーズに案内できるかということです。コンサート会場についたとしても、チケットの確認や本人確認、手荷物の検査を行うことを考えると、かなり前倒しで会場についていなくてはいけません。さらに、並んでいろんな検査を行った先にコンサート会場があるとなると、お客さんとしてはげんなりするものです。防犯対策は必要なことですが、そのせいで顧客サービスが疎かになっては運営が難しくなります。

そこで、ゲート機を導入することによって、スタッフの手を借りずともスムーズでスピーディーな案内を行うことができます。

イベント市場、コンサート会場用のゲート機の種類について

コンサート会場用のゲート機の種類はいくつかあり、最もイメージしやすいのは入退場管理のゲート機です。コンサート会場は屋内だけではなく、屋外でも開催されることが多いので、ゲート機も屋内外問わず使用できるものが増えています。入退場は最も人通りの多いポイントになるため、犯罪や不正が発生することも多く、スムーズな通行が必要ですが慎重にならなくてはいけません。

ゲート機を使用することによって、不正を防ぐことができますし、スタッフが少なくてもきちんと来場者を誘導することが可能です。また、手荷物検査用のセキュリティゲートもあり、金属探知器を使用することによって犯罪防止ができます。また、入場の際はチケットの確認を行いますが、ゲート機で可能なことは身分証の確認や顔認証、チケットのQRコード読み込みなどです。チケットについても、紙のチケットは年々減少していて、電子チケットが主流となっています。1人が通ったそのすぐ後ろにチケットを持っていない人がついて行かないように、1人しか通らないようなゲートがほとんどです。

コンサート会場は、来場者だけにゲート機が必要なのではなく、運営側にもきちんとゲート機を設置する必要があります。運営用のゲート機は種類としては、入退室管理ができるゲート機、鍵の管理ができるゲート機です。入退室管理は、大事なアーティストを守る意味としてもしっかりしていなくてはいけない部分で、いつ・誰が・どこを通行したのかをゲート機を使って確認できます。部外者が侵入するのを防ぐだけではなく、内部での不正も防止が可能です。警備員を配置していたとしても、人間の目というのは時々抜けてしまうこともあります。ゲート機を設置することで、抜け目なく管理することが達成できます。

まとめ
イベント市場におけるコンサート会場用のゲート機の種類は、入退場を重点的に意識して作られていることがほとんどです。ゲート機の使い方も多様化していて、どんどん複雑になっていますが、その分防犯対策効果も上がっています。現在では、コンサート会場にゲート機がない方が珍しいほどにスタンダードになっています。