2020/06/30

店舗に設置されるセキュリティゲートの概要と役割

前提条件として、お店などにあるセキュリティゲートとは何か?というところからご説明していきましょう。セキュリティゲートとは、普通のドアや自動ドアなどでは防げない不正通行を、制御するシステムのことです。
例えば商業施設では、主に、買い物客がレジを通していない商品を、そのまま外に持ち出さないようにする防止策として導入されています。こうすることで、警備員や従業員が見張らなくても良いため、労力や人件費の削減につながります。合わせて、ヒューマンエラーの発生を抑止する効果もあり、利用客への安心感や、施設へのイメージアップも期待できます。

セキュリティゲートの認証は、一般的な鍵・錠前などだけではありません。その他にも多彩なものが用意されています。最新のものになると、手の平静脈認証や顔認証、バーコード認証やQRコード認証など、様々な認証パターンがあります。設置時に、目的に合わせた認証システムを選ぶことができます。
また、大きく分けて、2種類のセキュリティゲートがあります。簡易的なセキュリティゲートとして、スイングゲートの設置を導入している企業や施設も多いです。これは、柔らかい扉での抑止となりますので、特定多数が往来するような環境に向いているセキュリティの方法となります。また、柔らかい扉を利用するため、身体や扉に損傷がなく安全性やクレームの発生率低減についても効果を発揮します。

一方で、機密情報を取り扱う研究所や発電所などは、セキュリティが高いツインゲートが設置してある所が多く見られます。例えば、2メートル近いガラス製パネルなどが設置されているパターンは、極めて通行や不正突破が難しい仕組みとなっています。そのため、物理的なくぐり抜けや、乗り越えといった不正侵入をしっかりと防ぐことができます。安全装置が働くので、ガラスの扉に挟まれるといったこともありません。

このように、セキュリティゲートがあることで、不審者の通行を防止し、社会により良い安心感を与えることができると言えます。

性質上、セキュリティゲートが必要な場所・施設はどこ?

さて、ゲームセンターにおいてはその性質上、セキュリティゲートは必要です。具体的に防犯面では、ゲームセンターでのみ使用可能なメダルの持ち出しを防ぐというのがあります。意外と知らない人も多いと思いますが、メダルの持ち帰りは窃盗罪にあたります。意図的はもちろん、知らずに持ち帰ることも含め、メダルゲームコーナーの出入り口などにセキュリティゲートを使えば、未然に防ぐ事が可能となります。

次に別の観点から説明します。ゲームセンターにおいては風営法により16歳未満の者は午後6時以降、16歳以上18歳未満の者は午後10時以降の入店は禁止されています。セキュリティゲートには、店内に設置された防犯カメラと連動してゲート通過者をテェックできる物もあります。そういった物を店の出入り口に使用すれば、夜間の未成年者の入店を防ぐ事が可能となります。

このように、入店者のテェックができるということは、その他にも荷物の忘れ物や置引、小さい子どもの放置なども防げ、結果ゲームセンター内の治安等の向上に繋げることができます。

こういった部分も含め、独自のルール設定などを行う場合には、OEM開発のセキュリティゲートを使用するケースもあります。

セキュリティゲートの通信販売は可能?

結論として、セキュリティゲートの通信販売は可能です。大手のネットショッピングサイトでも販売されていることがあります。ただ、日本国内に関しては件数としては少ないのが特徴です。

さらに、通信販売の場合、販売側がセキュリティゲートを熟知しておらず、あくまで商品として仕入れて販売しているだけというケースも多く見られます。この場合は購入したら届くだけですから、不具合があったり設置をしたりするときにフォローがありません。自社に、セキュリティゲートに関連する知見を持つスタッフや従業員がいる・あるいは外部から指導教官を招聘できるということであれば問題はありませんが、ノウハウや知識がないというのであればこの買い方はおすすめできません。

それであれば、セキュリティゲートのOEM開発やカスタマイズなどに長けている企業やその代理店舗などから通信販売で購入するのがおすすめです。実際の現場を見て、どの商品がメリットが多いかなど細かいところまでアドバイスをしてくれるという点が大きな特徴だと言えるでしょう。購入後も、セキュリティゲートの点検や不具合が起こったときの保守などにも対応してくれます。

中には、24時間365日サポートが約束されている会社もありますので、安心を併せて購入することを考えれば、まず問い合わせをしてからの購入が良いと考えられます。

まとめ

このように、セキュリティゲートは昨今、様々なデザインや種類が存在し、稼働についても様々な多様性が発生しています。そのため、OEM開発やカスタマイズなどが可能なケースも出てきています。必要に応じて、より適切なセキュリティゲートを用意するようにしたいところです。