宿泊施設(ホテル・旅館・ビジネス施設)でのセキュリティゲートについて

2020/09/03

宿泊施設(ホテル・旅館・ビジネス施設)でのセキュリティゲート活用方法

宿泊施設(ホテル・旅館)やビジネス施設でのセキュリティゲートの役割

宿泊施設(ホテル・旅館)の場合、バッグや財布をいつも持ち歩くことは難しいものです。持ち歩くことは可能ですが、不便さを強く感じます。そのため、セキュリティゲートを設置し、ICタグやバーコードをつけたリストバンドなどでロッカーの鍵として使ったり、マッサージの予約、飲食のキャッシュレス決済など、利用の幅が広がっています。

現在多くの宿泊施設(ホテル・旅館)が、エレベーターを利用時に自身が宿泊している階にしか行けないようになっていることが多いです。そうすることによって、不審者の侵入を防ぎ、防犯対策をしています。以前であれば、自由に宿泊施設の出入りをいろんな人ができましたが、最近ではセキュリティゲートの設置によって、ホテルや旅館の部屋の鍵がICカードになっていたり、QRコードの読み取りになるなど、変化を遂げています。これは、ビジネス施設でも同様の役割を果たしていて、犯罪を未然に防ぐことはもちろん、施設運営をスムーズに行う手助けをしてくれます。

セキュリティ面での役割もそうですが、より利便性を求めることができるのは、宿泊施設(ホテル・旅館)やビジネス施設に向いているセキュリティゲートの役割だと言えるでしょう。

宿泊施設(ホテル・旅館)やビジネス施設でセキュリティゲートが必要な場所とは?

宿泊施設(ホテル・旅館)やビジネス施設でセキュリティゲートが必要な場所、というのは様々あります。まず、宿泊施設(ホテル・旅館)の場合は、宿泊エリアへの入口です。女性専用フロアだったり、特別室などの場合は宿泊者しか立ち入ることができなくなっているので、セキュリティゲートを設置してICタグが内蔵されている部屋のキーを使って、出入のチェックを行います。不審な動きがあれば、監視カメラと連動させて警報音が鳴るなど、犯罪抑止力として重要な部分です。

次に、入浴施設がある場合、部屋のキーを使わなくては入場できないようなセキュリティゲートを設置すると、より防犯性が高まります。特に、女性の大浴場に関しては、セキュリティゲートが複数設置されていることも多く、チェックインの時に暗証番号を教えてもらう方式の宿泊施設も増えてきています。

宿泊施設によっては、人材不足のためにチェックアウトの際はセキュリティゲートを利用するだけという方法をとるホテルや旅館も、増加傾向です。セキュリティゲートに部屋のキーを読み込ませるだけでチェックアウトが完了し、業務効率化とチェックアウト時の混雑を避けることができます。

また、レストランなどの食事を楽しむ場所でも、セキュリティゲートは非常に役立ちます。セキュリティゲートを通らないと入場できないシステムなので、侵入者を防ぎ、混雑している時間帯の予測や現在食事施設を利用している顧客管理なども、可能になります。

一方、ビジネス施設の場合は、主に従業員の通用口にセキュリティゲーが設置されているものです。入退場の際に警備室に立ち寄って従業員の管理を行うよりも、正確でスムーズな通行を可能にできます。セキュリティゲートによっては、イルミネーションを点等させて、行くべき場所に誘導するものも多いです。

宿泊施設で利用するセキュリティゲートはデザイン性も重要

宿泊施設(ホテル・旅館)やビジネス施設は、いずれも非常に人の出入が激しいです。多くの人が目にするということは、それだけセキュリティゲートにもデザイン性が必要になると言えるのではないでしょうか?宿泊施設(ホテル・旅館)やビジネス施設は、それぞれにコンセプトや世界観があるので、セキュリティゲートを設置することで、イメージを壊すことはできません。

宿泊施設(ホテル・旅館)やビジネス施設向けのセキュリティゲートは、スタイリッシュな製品が多いことが特徴です。施設そのものの価値を向上させた上で、セキュリティ面に関してもしっかりと管理できるようなセキュリティゲートが多くなっています。単純にセキュリティ面を重視すればいい、というわけではなく、清潔感と開放感のあるセキュリティゲートを設置しつつ、部外者の侵入はきちんと防ぐというデザイン性とセキュリティが融合するような製品が求められています。

デザイン性のないセキュリティゲートを設置していると、非常に圧迫感があり利用しにくい印象を与えるので、最近のセキュリティゲートは見た目的にも洗練された印象があり、利用者が警戒心なく通行することが可能です。宿泊施設もビジネス施設も、人材を配置して通行者を確認するよりも手間が省けて、デザイン性にも優れているセキュリティゲートを使う方がメリットに感じると言えるでしょう。

まとめ
宿泊施設(ホテル・旅館)やビジネス施設の場合、セキュリティ面ももちろん重要ですが、デザイン性も必要になってきます。人材を配置せず、高い管理システムが搭載されたセキュリティゲートは複数ありますし、近年はスタイリッシュな製品も増えてきたので、今後も設置は増えていくと考えられています。