簡易版セキュリティーゲートのフラッパーゲートは既存施設に後付け可能か?

2021/05/21

簡易版フラッパーゲートとは?

一般的なフラッパーゲートとは異なり、組み立てて置くだけで設置完了!自立タイプのゲートを言います。
面倒なアンカー設置や配管工事は不要です。また、故障率の高い駆動部であるフラッパーが無いため、本来のフラッパーゲートより安価な製品単価となり、メンテナンス費用も抑えることが可能なので,企業にも大人気と言えます。
多くの企業では、簡易版フラッパーゲートと防犯システムを合わせて使用する場合が多いです。
簡易版フラッパーゲートは本来の物と使用方法は同じで,不正入場者を見つけて警備員や受付にお知らせします。圧迫感や威圧感を感じさせるフラッパーによるブロックではなく、ライトとスピーカーによるお知らせで不正入場を抑止する機器が多いです。
簡易版フラッパーゲートの良い所は低コストと工事不要な所です。設置に工事を必要としない製品構造により、導入設置費を大幅にカット。さらに、故障率の高い駆動部であるフラッパーが無いため、一般的なフラッパーゲートより安価な製品単価と、導入後のメンテナンス費の低価格にする事が出来ます。

簡易版フラッパーゲートの省スペースで設置可能

近年注目を集めているのが、小型で低価格な非接触IC対応のセキュリティゲートです。ゲートはどうしても面積を取りますので、従来製品ではスペースがなく、設置を断念せざるを得なかった狭いオフィスにも導入できる可能性が広がりました。またコンパクトなスタイルはレイアウトも比較的自由となり、通常では必須となる床工事を実施しなくても、そのまま設置できる期待があります。
もちろん管理装置と接続し、総合的な入退管理が可能です。床工事が不要なタイプはすでに通路板がゲート側に付いているタイプですが、これは即日設置も可能で移動も可能なフレキシブル性が魅力です。ただし、簡易的であっても用途に合わなければ設置する意義がありません。たとえば1分の間に何人を認証し、通過させることができるかなど効率も考慮しなければ運用できません。まとまった時間に多くの人がつめかけるような場所なのか、ポツリポツリと絶え間なく人が通過する場所なのか、設置場所と利用状況、目的用途なども考慮して選択する必要があります。

簡易版フラッパーゲート価格は?

簡易版フラッパーゲートは、価格が安く本来だと200万以上かかってしまう物がほとんどですが,メーカーによっては同様の機能を有するゲートでも、100万円程度に抑えて提供しているケースもあります。
また鉄の棒が回転して一人ずつ通す回転式セキュリティゲートであれば、カードや顔認証、指紋認証機能などを搭載しても数十万円からという低コストで設置できるものもあります。

簡易ゲート「簡易型センサーゲート」はどこに設置する?システムギア株式会社の提供する「簡易型センサーゲート」ですが、このゲートは持ち運びが可能で、設置したい場所で組み立てて使用します。アンカーの設置や配管工事の必要は無く、よくトラブルを起こすフラッパーが付いていないため、メンテナンスの費用もかかりません。
このような簡易ゲートは、例えばスポーツジムのようなところに設置すると良いです。会員カードを所持した者が通行するだけで会員情報を照合すると共に、館内に滞留している人数を管理することが出来るため、フロントスタッフの業務負担を軽減します。また、会員は通行時にチェックインすることが出来るため、利用時にわざわざ料金を払う必要がなく、会員側の「ジムには貴重品を持ち込みたく無い」というニーズにも応えることが出来ます。この簡易型センサーゲートを導入することで、経営側と会員側の双方にとってメリットがあると言えるでしょう。

簡易版フラッパーゲートの後付け

簡単工事で既存施設の自動ドアやゲート(電気錠)に後付けでき、
クラウドから柔軟にセキュリティレベルを設定できるようになります!
また、既存の入退室管理システムや警備システムとも併用できます!
既存のシステム管理化のドアに、遠隔から追加で認証権限を付与することや、警備システム解錠中のみ
認証で入室を許可することもできます。次に簡易式のフラッパーゲートの機器名を少し紹介します。

モーションセンサー式簡易フラッパーゲート機

スペースが無い、又は狭い所にも設置が可能!!
利用者の通行検出に、反射型モーションセンサーを用いており、従来の透過型センサーのような対抗する筐体との位置合わせは不要です。
従来機に比べ設置も簡単、低価格で入退場施設管理が実現できます。大きな形状のフラップ(羽根)を採用することにより、飛び越しやもぐり込みなどの抑止効果を与えることができます。
又、工事の方は、床の施工工事ができない場合は、スロープ板を使用することでゲートの据え置き設置が可能です。

単機能ゲート「Nedap i45 Hybrid

レンタルビデオショップやアパレルショップの出入口にはこのような防犯ゲートが設置されていることが多いですが、会計が済んでおらず、タグの検知を解除していない商品が通過するとセンサーが反応し、警報が鳴る仕組みです。タグをゲートが検知するときに誤検知を減らすと言われている、「ビームフォーミング」が備わっているため、より正確に判別することが可能です。
レンタルビデオショップで、DVDのセンサー解除を行わないまま防犯ゲートを通過すると、警報が作動し、その場に居合わせただけでも焦ってしまいますよね。このように、盗難の抑止力になるのがこのゲートの最大の特徴と言え、導入するだけでも十分に効果を発揮することが期待できます。複雑な機能のついたゲートと比べると、このゲートは比較的安価で設置することが可能ですので、様々なシーンで活躍することでしょう。

ローターゲート

このゲートはステンレス製で屋外への設置も可能な回転式のゲートです。通行するには、通行人自らがバーを押して回転させながら通る必要があります。重厚な点に加え、ゲートの高さは2350mmあり、バーは柵のように感覚が狭くなっていますので、乗り越えやすり抜けが困難です。建物に設置することも可能ですが、広いスペースを必要とするため、どちらかと言うと屋外に門として設置すると良いでしょう。見た目の堅牢さから、不審人物の侵入の抑止にも繋がるゲートなのではないでしょうか?簡易ゲート「簡易型センサーゲート」はどこに設置する?システムギア株式会社の提供する「簡易型センサーゲート」ですが、このゲートは持ち運びが可能で、設置したい場所で組み立てて使用します。アンカーの設置や配管工事の必要は無く、よくトラブルを起こすフラッパーが付いていないため、メンテナンスの費用もかかりません。
このような簡易ゲートは、例えばスポーツジムのようなところに設置すると良いです。会員カードを所持した者が通行するだけで会員情報を照合すると共に、館内に滞留している人数を管理することが出来るため、フロントスタッフの業務負担を軽減します。また、会員は通行時にチェックインすることが出来るため、利用時にわざわざ料金を払う必要がなく、会員側の「ジムには貴重品を持ち込みたく無い」というニーズにも応えることが出来ます。この簡易型センサーゲートを導入することで、経営側と会員側の双方にとってメリットがあると言えます。