2021/01/28

自動化ゲートシステムのメーカーにはどんなものがあるのか

自動化ゲートシステムは、空港の入出国管理に使われているものです。
最先端という意味では、パナソニックやNECは見逃せないメーカーだと言えるでしょう。
また、より一般的な用途にカスタマイズされた製品を提供しているメーカーの中には、アルテックスやサンポール、アマノやFujitaka、山善などがあります。
基本的には同じような機能を備えたものが多いですが、近年新しい機能を備えたものが数多く登場してきています。

■自動化ゲートシステムの種類はたくさんある

自動化ゲートシステムが応用されたものにはたくさんの種類があります。
たとえば、自転車やバイクのパーキングに使われるシステムがその一つの例です。
無人駐車場や無人の時間帯がある駐車場に導入されるシステムになっていて、これまで人の手で行っていたものを自動化することができるのです。
回転ゲートシステムも自動化ゲートシステムの一種になっています。
回転ゲートシステムはとてもシンプルなものになっていて、電気系統を使用しないという特徴を持っているのです。
できることは限られるものの、電気系統が使われずシンプルなので、運用しやすいというのはメリットになってくるでしょう。
また、駐車場に特化されたシステムもあります。
完全無人管理にも対応していて、入庫から出庫までをスムーズに全自動で行うことができるのです。
駐車場に特化されたシステムなので、定期券やサービス券といったものの発券も可能になっています。
普段自動車に乗る人は、もっとも馴染みの深い自動化ゲートシステムと言えるのではないでしょうか。
セキュリティゲートシステムも自動化ゲートシステムの一種になっています。
これは特定の施設に向いたものになっていて、施設内のセキュリティを高めるために利用します。
不審車両や不審者の侵入を未然に防げるシステムになっているのです。
さらに、近年に注目されるものとして、携帯電話の検知システムもあります。
これも自動化ゲートシステムを応用したものになっています。
携帯電話を持って、施設に出入りする人たちを監視することができるのです。
高性能なものになると、携帯の電源がオフになっていても検知することができるので、企業秘密の漏洩などを防ぐことができます。
最近爆発的に需要が伸びているが検温ゲートシステムになっています。
施設の入口に設置すると、温度検知が自動で行われるようになっており、一定以上の温度の場合は、ゲートが開かないようになっているのです。
逆に一定以下の温度ならば、ゲートが開かれるというシステムになっています。
ほかにもメダルゲートシステムやリモコンゲートシステムなど、多種多様な自動化ゲートシステムがあるのです。

■自動化ゲートシステムの価格について

自動化ゲートシステムの価格については、さまざまだと言えるでしょう。
ターンスタイルの回転ゲートシステムの場合は、複雑な電気系統を一切使わないシステムになっているため、それほど費用が高くならない可能性があります。
屋外環境にも耐える自動化ゲートシステムになると、100万円から500万円くらいのものもあり、導入する施設の規模などによっても、かなり値段は異なってくると言えるでしょう。
また、基本的に自動化ゲートシステムの導入価格は表示されていないことが多く、メーカーの担当者に問い合わせをして、打ち合わせしながら金額が決定されていくことが多いのです。
そのため、一概にいくらくらいとも言えない状況となっています。
どうしても自動化ゲートシステムの価格や導入費用を知りたいなら、まずはメーカーに見積もりを取ってみるのが良いです。
メーカーの担当者なら、実際の施設の状況を把握して、どのくらいの価格になるのか、どんな商品が最適なのかを提案してくれるはずです。
価格だけでも導入する施設によってかなりの幅がありますので、予想していた価格とまったく違ったということも考えられます。

■自動化ゲートシステムの費用はさまざま

自動化ゲートシステムの費用はさまざまだと言えるでしょう。
自動化ゲートシステムの価格自体はもちろん、導入する施設によってまったく違ってきます。
施設の規模によっては、複数台の機器の設置が必要なることもあるので、この場合はその分だけ費用は大きくなっていきます。
また、自動化することのできるシステムですが、システムを管理する人は必要になってくるでしょう。
そのため、人件費についてもしっかりと考える必要があるのです。
ほかにも、メンテナンスコストなども踏まえなければならないので、長期的な視野で見ると、費用の計算はさらに複雑になってくるでしょう。
元々は、空港の入出国管理に利用されているシステムなので、空港のような規模の大きな場所に導入する場合には、費用の予測がしにくいのです。

■自動化ゲートシステムの導入施設を確認

自動化ゲートシステムは、いろいろな施設に導入されています。
もっとも一般的なのはパーキング設備ではないでしょうか。
自動車の駐車場にも使われていますし、自転車やバイクの駐車場にも使われているのです。
簡易的なシステムが使われていることもありますし、サービス券の発券が可能になるようなパーキング専用のシステムが導入されることもあるのです。
さらに、回転ゲートシステムも以前より使われてきた自動化ゲートシステムと言えるでしょう。
とても原始的なシステムのものになっていますが、アミューズメント施設に使われたり、スポーツジムに使われたりするケースもあります。
美術館などにも使われる可能性もありますし、シンプルながら汎用性の高いシステムとも言えるでしょう。
また、検温ゲートシステムは、どのような施設にも対応できるシステムです。
近年は、施設に入る前に検温をする店舗が多くなっているので、そういった検温が必要な施設を運営しているなら役立ってくれる可能性は高いでしょう。
どちらかといえば、大規模で検温が膨大な手間になるような施設に向いています。
携帯電話検知ゲートシステムなら、一般企業や消費開発をしている向上なども導入事例として考えられるでしょう。
企業秘密を携帯にコピーして持ち去られるのを防ぐことができるので、考え方によってはほとんどの一般企業にも当てはまるのです。
また、バルブゲートシステムのようなものになると、ものづくりの現場に最適な自動化ゲートシステムとなっています。
このように日常生活に根付いたシステムでもありますので、さまざまな導入事例が考えられるのです。
うまく自動化することができれば、作業効率化を図ることができるでしょう。
自動化ゲートシステムは、今になっては、生活の中のいろいろな場所に溶け込んでいると言えるでしょう。
一般的な用途になると、イベント会場や駐車場などにも使われています。
また、近年は検温が当たり前になってきているので、検温機能と組み合わせた自動化ゲートシステムも多くの場所に使われているのです。
自動化ゲートシステムを導入することによって、大幅に業務を効率化することができる可能性があるので、見逃せないシステムと言えるでしょう。