2020/09/03

食品工場・電子部品、クリーンルームでのセキュリティゲート活用方法

食品工場や電子部品製造などは、非常に繊細で丁寧な作業が必要になります。少しの汚れやホコリでも、製品に影響があるような職種なので、多くの場合がクリーンルーム内で作業を行っています。クリーンルームというのは、どのような場所なのかを疑問に感じている人も多いのではないでしょうか?ここでは、食品工場や電子部品製造のためのクリーンルームとはどういうものか、食品工場や電子部品のクリーンルームでのゲート使用方法について、ご紹介します。

食品工場・電子部品のクリーンルームとは?

食品工場や電子部品におけるクリーンルームは、定義が決まっています。簡単に説明すると、クリーンルームは微量のほこりや異物だとしても影響が及ぼされる業務を行う場所であり、クリーンルーム内ではほこりや異物を限定した数に清浄し、管理されています。温度や湿度も快適な状態にされており、環境条件が限定される製品製造の場合に使用する場所です。

クリーンルームが使用される一般的な業種は、食品工場や電子部品製造になります。食品工場の場合は、直接体内に入るものを製造するため、微量のホコリやゴミによって細菌や異物が混入する可能性も高く、被害が甚大になることは容易に予測がつくでしょう。一度でもトラブルが発生すると企業イメージがダウンし、食品工場の営業自体が停止してしまうなど不利益が生じます。クリーンルームで徹底管理されていれば、こうした不安要素は排除されるので欠かせない存在です。

電子部品製造は、食品工場以上にホコリやゴミの付着に繊細で慎重にならなくてはいけません。人間では見えないような小さく少しのホコリやゴミだったとしても、性能に大きな影響を与える可能性が高いからです。そのため、クリーンルームのような一定レベルに洗浄度が安定している空間ではないと、性能の安全性や正確性に欠けてしまいます。電子部品製造をクリーンルーム内で行わない方が珍しいと言えるでしょう。

また、クリーンルームは、清掃しやすい構造や設計がなされていて、必然的に汚れが溜まりにくい環境です。それだけではなく、入退室する従業員もしっかりと清潔状態でいなくてはいけません。そこで、クリーンルームではゲートを使用することが多いといえます。

食品工場・電子部分のクリーンルームでのセキュリティゲート使用方法について

食品工場や電子部品製造のクリーンルームでのゲート使用方法は、様々あります。大きさもクリーンルームによって千差万別なので、しっかりと多岐に渡るレイアウトに対応できるようなゲートを取り扱っているメーカーがほとんどです。食品工場も電子部品製造も細かな作業が必要となるので、製造ライン用やコンベア用など、多くの種類が存在しています。

まずは、クリーンルームに行くまでの入退場管理は、多くの人がイメージするゲート使用方法です。食品工場も電子部品製造も企業秘密を多く含んでいる可能性が高く、部外者の侵入は防止しなくてはいけません。ICカードを持っている人だけが通行できるようなセキュリティゲートは、必須だと言えます。

次に、クリーンゲートと呼ばれるゲート使用方法があり、クリーンルーム内に入室する前にゲートに入ってミスト状の消毒液を噴霧し、入室者を清潔な状態にしてからクリーンルームに入れることが可能です。クリーンゲートに入るだけで全身を除菌することができるので、専用の人材を常駐させる必要はなく、導入しやすいゲート使用方法だといえます。

また、クリーンルームは、入口ドアも清潔に保たなくてはいけません。そこで、同じくクリーンゲートと呼ばれるシートシャッターもゲート使用方法として一般的です。シートスクリーンの両端にジッパーが取り付けられているので、隙間がなく清潔空間を保てます。人の手が触れなくとも、センサーで自動昇降するため、衛生的でクリーンルームを安全に利用することができます。

清潔を維持しなくてはいけないクリーンルームでのゲート使用方法は、基本的に出入口に重点が置かれます。入退室に関しても異物混入や内部犯罪を防ぐためにも、しっかりとゲートを使用してシステム管理をしなくてはいけません。繊細な製品を扱う企業だからこそ、ゲート使用方法は丁寧に考えた方が良いと言えます。

セキュリティ面でも清潔面でもゲートを多様な使い方をすることで、企業イメージを高いまま保つことができますし、安定した製造を行うことが可能です。クリーンルームを使用しない企業もありますが、より安全性を考えるのであればクリーンルームとゲートを併用して使用することで、安心感に繋がります。

まとめ
食品工場や電子部品製造の分野では、性能に影響を与えたり、細菌や異物混入の恐れがあるため、クリーンルーム内での作業が基本です。クリーンルーム内には目に見えないホコリも持ち込むことはできないので、ゲートを使用しての清浄作業やクリーンルームのドアを清潔に保つなど、ゲート使用方法は多岐に渡って可能だといえます。作業項目や製造製品によってもクリーンルーム内の清浄度は違ってくるので、工場で求めているクリーンルームのイメージや維持に関して、メーカーと相談することが大切です。