温浴施設・日帰り温泉、スーパー銭湯でのセキュリティゲート活用方法と導入事例

2020/09/03

温浴施設・日帰り温泉、スーパー銭湯でのセキュリティゲートとは

温浴施設や日帰り温泉、スーパー銭湯はどれだけ時代が変わっても、多くの人に支持されています。以前であれば、誰もが入浴することができて、防犯等はあまり関係ありませんでした。しかし、近年は人々の防犯意識も上がっているため、全くセキュリティを気にしていない施設は客足が絶えてしまう可能性が高く、ほとんどの施設でセキュリティゲートが活用されています。ここでは、温浴施設や日帰り温泉、スーパー銭湯でのゲート活用方法と導入事例も合わせて、ご紹介します。

温浴施設・日帰り温泉、スーパー銭湯でのゲート活用方法とは?

温浴施設や日帰り温泉、スーパー銭湯はセキュリティゲートを設置しているイメージがあまりないかもしれません。しかし、近年では防犯性も高くセキュリティ面でも優れているセキュリティゲートを設置している施設が、非常に増えていきています。

もっとも分かりやすいゲート活用方法といえば、出入口にセキュリティゲートを設置して、入退場を管理する活用方法です。温浴施設や日帰り温泉、スーパー銭湯は先に入湯料を支払って、施設内に入ります。通常であれば人材を窓口に配置して、受付業務をするものですが、セキュリティゲートを設置することによって、入退場をセルフ化できてスムーズな通行が可能になります。

また、発券機でチケットを購入する際もQRコードが記載されており、セキュリティゲートに読み込ませると入場できる仕組みとなっているので、人材不足で悩んでいる温浴施設や日帰り温泉、スーパー銭湯には画期的なシステムです。受付業務が軽減されるだけでも、非常に人員に余裕ができて、施設運用に力を入れることが可能になるため、問題解決に尽力できます。

一方、温浴施設や日帰り温泉、スーパー銭湯にとって非常に人気があるエリアのひとつは、売店だと言えるでしょう。風呂上りの1杯だったり、お菓子の購入など利用者にとっては欠かせないものです。無人、もしくは少人で運営できるセキュリティゲートを設置することによって、キャッシュレス決済を促進し、利用者が現金を持たなくても安全で安心して買い物をすることができるようになります。

温浴施設や日帰り温泉、スーパー銭湯では非常に盗難も多く、セキュリティ面で不安を感じている利用者も多いですが、セキュリティゲートを設置することで、貴重品は預けておいて身軽に施設を楽しむことができます。不安なく買い物をしたり、食事ができるのは非常にメリットです。施設内でのキャッシュレス化は、セキュリティゲートの性能が向上するに従って進んでおり、現在ではセルフレジ以外にも、あらゆる商品を取り扱った自動販売機もあるので、とても利用しやすい環境になります。

温浴施設・日帰り温泉、スーパー銭湯でのゲート導入事例について

温浴施設や日帰り温泉、スーパー銭湯で設置されるセキュリティゲートは、施設に合わせたゲートの組み合わせが可能なものが存在しています。例えば、自動発券機から入退場ゲートを組み合わせたり、現在の利用者はどれくらいいて男女比は?など、施設運営で不可欠な分析にも役立つのです。

また、セキュリティゲートを食事処に導入した場合、利用者が自身でテーブルオーダーを完結させ、キッシュレス決済で支払いを済ませて退出する、というほとんどの作業を無人で行うことができます。温浴施設や日帰り温泉、スーパー銭湯でセキュリティゲートの運用を始めたところでは、入退場管理システムを活用して、スムーズな迎え入れと退場を促すことに成功しているケースも多いと言われています。

必ずしも顧客サービスに人材が必要かと言えばそういうわけではなく、いかに顧客がスムーズにストレスなく施設を利用できるのかどうかの方が重要です。温浴施設と日帰り温泉、スーパー銭湯はそれぞれ似たような業務内容ですが、細かな部分では違いがあります。それらにも繊細に対応できるのが、セキュリティゲートを導入する大きなメリットだと考えている施設は多いです。

セキュリティゲートを導入することで、利用者がセキュリティ面で安心して施設を楽しむことができ、従業員も日々の業務に追われることなく、メリハリの効いた仕事ができます。セキュリティゲートの機能は、設置する業種によってもカスタマイズすることが可能で、操作も簡単なのでセキュリティゲート導入についてあまり不安感がないというケースがほとんどのようです。

コスト面を心配する企業も多いですが、導入コストよりも長期的な目で見た時に、セキュリティゲートを導入して損をしたと思う可能性は低いと言えます。すぐに効果を感じられないかもしれませんが、徐々に業務効率が上がったと感じたり、利用客の流れがスムーズになったと感じられることでしょう。

まとめ
温浴施設や日帰り温泉、スーパー銭湯は、日々多くの利用者で溢れています。窓口業務や売店管理など、多くの業務を本来は人員を投入して行わなくてはいけませんが、セキュリティゲートを導入することで、そういった不安要素が払拭されます。業務効率の向上は、顧客満足度に直結していると考えられています。施設のどの部分に設置するか、組み合わせようかなど、あらゆる選択肢が増えたこともゲート導入が増えた要因だと言えます。