2021/06/07

屋外設置可能 非接触IC対応 セキュリティゲート

非接触型セキュリティゲートとは、例えば、社員証の機能を持たせたICカードや、RFIDタグを身に付けてもらい、センサーが反応して、該当者が通過すると自動的に開閉ができる機能を備えているセキュリティゲートのことを意味します。また、生体認証で、自動的に開閉する機能をもつ非接触型セキュリティゲートもあります。つまり、手のひらをかざして静脈で認証するものもあり、ICカードなどを紛失するリスクもなく、接触することがないので感染症対策にもなるセキュリティゲートの機能です。さらに、監視カメラ機能も併せて搭載させることで、遠隔から監視することが可能となり、より一層のセキュリティ機能の向上が期待できます。
そのシステムを屋外でも利用する事が可能なのです。
今回は、屋外に設置出来る機器の紹介と特徴を紹介します。

非接触IC対応セキュリティゲート特徴

非接触型セキュリティゲートは、具体的にどういった場所に設置するのかみてみましょう。屋外での設置では、主に駐車場が挙げられます。主な機能としては、
・運転席からカードをかざすだけで、入退場を行える

・無断駐車を防止することが出来る
・駐車場の車両の空車状況を管理できる
上記の3点が、屋外で設置することの機能として挙げられます。車の入出庫がスムーズになるので、その分事故を防止することが出来ます。また、認証型のセキュリティゲートを駐車場に設置することで無断駐車を防止し、不正な駐車を防止することが可能です。さらに、駐車場の空車率が低いかどうかを瞬時に判別できるので、管理する側としても、どれくらいの空車率あるいは満車なのかどうかをすぐに把握することが出来きるようになります。
駐車場以外にも,イベント施設や会場での玄関やエントランスにも設置している場合もあります。

非接触IC対応セキュリティゲート機能

そもそも、セキュリティゲートを設置することで、どのような効果があるのかみていきましょう。

① セキュリティ対策が期待できる② マネジメント管理が期待できる
具体的には、①については、入室権限を持つ人以外は入室することが出来ないので、不正侵入を防ぐことが可能です。②については、入退室の履歴を勤怠管理システムと連動させることで、勤務時間を適正に管理することが出来ます。そのため、総務が担当する給与計算などを適正な勤務実体を基にして、算出することができ、かつ、データと連動させているので容易になります。
その他に、雨でも利用が可能である事から「防水加工されている」と言った機能もあります。

非接触IC対応セキュリティゲート価格

一般的な屋外用フラッパーゲートで入退場のみを行うものであれば、ゲート1台あたり200万円からというのが目安でしょう。
機能としてはリモート操作可能で、利用履歴の管理やアクセス制限などもできる各種カード、生体認証、ICタグなど認証装置の組込可能なものです。
ただメーカーによっては同様の機能を有するゲートでも、100万円程度に抑えて提供しているケースもあります。
また鉄の棒が回転して一人ずつ通す回転式セキュリティゲートであれば、カードや顔認証、指紋認証機能などを搭載しても数十万円からという低コストで設置できるものもあります。
これはという製品やメーカーを選び、個別に相談して見積交渉するのが一番です。

非接触IC対応セキュリティゲートメーカー

屋外式の場合、クマヒラ以外にも高見沢の機器が注目されています。
・高見沢
屋外設置可能 非接触IC対応 セキュリティゲート TAG-7000シリーズ
TAG-7000seriesは、研究施設や工場敷地の出入口などの天候に左右されやすい屋外環境にも設置が可能なセキュリティゲートです。利用者は、ICカードをカードリーダー部にかざすだけでスムーズにゲートを通過することができます。また、セキュリティゲートを上位の管理システムに接続することにより、施設内でのリアルタイムな在室状況を把握したり、個人別の入出場履歴データの記録、異常進入の監視など、総合的な入出場管理システムとして運用することができます。

特徴

○屋外設置にも対応○簡単でスムーズな入出場

○さまざまな通路構成が可能

○斬新なデザイン

○管理装置との接続○豊富なオプション

非接触IC対応 セキュリティゲート TAG-9000シリーズ
オフィスビルにとって、今やハイセキュリティは最重要機能です。そのビルの第一警戒と呼ばれる入出場エリアに必要不可欠なのがセキュリティゲート。TAG-9000シリーズは、その機能的かつ斬新なスタイルで、エントランスを華麗に演出しつつ、オフィスのセキュリティアップに貢献します。

特徴○機能とルックスを両立させたスタイリッシュデザイン
○わかりやすい、美しい、利用者に親切な案内表示

○人間検知性能をアップ

○省エネタイプ

○3パターンの通路幅を準備

○各社の規格のICカードに対応

○LAN接続対応

○従来機との互換性確保

・クマヒラ
ローターゲート
特徴
ステンレス仕上げの重厚なデザインで、屋外への設置も可能です。回転式のバーを手で動かすことで、入退双方向に厳正な一人通行を実現します。
飛び越えが困難な強固な筐体
ゲート本体の高さが2,350mmと高く、ステンレス製の回転式バーの間隔も狭いことから、乗り越えやすり抜けが困難な構造となっています。
ステンレス製バーの回転式ドア
許可された通行方向に1扉分のみ回転する機構により、許可されていない人の侵入を防ぎます。

通路を照らすダウンライトを標準装備。暗い通路や夜間の通行でも、スムーズな通行をサポートします。

非接触IC対応セキュリティゲート用途・設置場所

みなとみらい21

みなとみらい21中央地区42街区開発計画に、オフィス、文化施設、商業施設が一体となった複合ビルとしてオープンしたみなとみらいグランドセントラルタワーにご入居の千代田化工建設株式会社様では、オフィスフロアの入退場におけるセキュリティ管理を目的としてセキュリティゲート「TAG-10000シリーズ」を設置しています。
最先端のハイセンスなオフィスフロアに違和感無く設置されたTAG-10000シリーズは、オフィスで働く人やお客様が通る最初の門として、スマートに来場者をお迎えします。

マンション駐車場

無断駐車や駐車場敷地侵入を防止する為に、マンションの住人にはICカードを配布しておき駐車場を利用してもらうのです。
このシステムで無断駐車を防止出来て、マンションの住人も「勝手に他の車が駐車されている」と言ったトラブルが防止出来る事になるのです。