図書館利用システム

大学や公共図書館向けシステムです。
学生証・利用証などをかざして図書館の利用状況を把握します。
管理データはもちろん上位システムと連動します。
図書館利用システム

主な特徴

不正持出し防止
利用者が不正に持ち出しをしようとすると音と光で警告します。
履歴
図書館利用者の入館・退館履歴が把握できます
利用集計データ
利用の入館退館履歴をもとにデータを集計して日報、月報、年報を作成します。
区分管理
教職員、一般、学生、研究員などの区分を持っているため入場制限等をかけることができます。
券売機・入退場ゲートの監視機能
券売機のエラー情報、ゲート機の障害情報を監視できます。